救援物資のお届け

ヤンゴンの西南60キロ程離れたところにあるKun Chan Gon(クンチャンゴン)町。海に近いところであり、サイクロンの影響はヤンゴン管区内の他の場所よりも大きかったのです。その町を出て、川を渡ればエヤ ワディ管区のDe Da Ye(ディ・ダ・イェ)という町になります。GMIヤンゴン事務所の事前調査で、クンチャンゴンからデダイェに行く道沿いに被災者が数万人規模で避難生活 を送っていることを知ったので、スタッフは15日にヤンゴンで救援物資を調達し、16日に被災地に届けてきました。

GMIの救援袋の中身は、お米1ピ(1.3キログラム)、1リトルの水ペットボトル1本、ふりかけ1袋、タオル1枚が入っています。ヤンゴンからミ ニトラック1台を借りて、スタッフ10名が救援袋500個をクンチャンゴンとデダイェ間の被災者に配布してきました。救援袋にタオルが入っていたことで、 被災者たちに喜んでいただけました。数万人の被災者に対して救援袋500個は雀の涙ではありますが、できるだけ定期的にお届けできるようにしたいと思いま す。

週末は雨が続くとの予報があり、来週早々に届ける救援物には防水用のビニールシートや簡易シート屋根等も入れる予定です。

雨の中で救援物資を待つ被災者

雨の中で支援物資を受けるために行列している被災者

事務所内での救援袋作成

GMIの救援袋

配布前の行列整理中

配布中

配布中

救援袋と子供

救援袋と子供たち

救援袋と子供

救援袋と子供たち

救援袋と子供たち

手を振る被災者たち

手を振る被災者たち